20時まで受付 − 当クリニックは、お仕事帰りにも寄れるクリニックです。

 


 
心療内科


対象疾患

うつ病・不眠症・不安障害・パニック障害・社交不安障害・適応障害・神経症・心身症・強迫性障害・過敏性腸症候群(IBS)・更年期障害、 月経前症候群(PMS)、自律神経失調症(頭痛、腹痛、下痢、めまい、吐き気、発汗、震えなど)・・・など。
こころと体の問題、ストレス、疲れ、加齢、更年期などからくる不調を扱っております。

治療方針

現在の精神医学に基づき、患者様一人一人に最も適した治療を考えています。
患者様のご希望、症状にあわせて、薬に頼らずに生活の中で自然に症状を改善する方針ですが、出来るだけ早くお困りの症状が楽になるように、 必要最低限のお薬を処方いたします。

専門外来

1.過敏性腸症候群(IBS外来)


当クリニックでは過敏性腸症候群(IBS:irritable bowel syndrome)の診療をいたしております。

過敏性腸症候群(IBS)とは、器質的な異常がないにもかかわらず、下痢や便秘が慢性的に持続する機能性胃腸症の一つです。
社会的なストレスの増加とともにこの疾患も急増しており、サラリーマンの欠勤理由2位、国内人口の5%が罹患していると言われています。
良性疾患ではありますが、仕事や旅行、レジャー、食事などに制約が生じ、生活の質(QOL)を大きく低下させる原因となっております。

発症の原因は不明な点も多いですが、心理的ストレスを背景とした腸脳相関と消化管知覚の過敏が重視されおり、 ストレスがIBSの増悪因子として最も重要であると言われています。

【代表的な症状】
腹痛・便通異常
1.排便によって軽快する腹痛
2.最初に腹痛を伴う軟便
3.最初に腹痛を伴う頻回の排便
4.残便感による排便回数の増加
5.便秘
6.粘液便

その他の自覚症状
1.腹部膨満感
2.腹部不快感
3.腹鳴
4.放屁(おなら)
5.食欲不振
6.悪心・嘔吐
7.胸焼け・げっぷ

精神・社会状況
1.常にお腹のことが気になる。
2.トイレのない場所へいけず、自宅に引きこもることになる。
3.試験・会議・長距離バスなどのストレスで症状が悪化。またそのような状況を避けるようになる。

など、多彩な症状が現れます。
また、うつ病、不安障害、パニック障害、不眠症などを合併することも多く、症状が強い方は、心療内科での治療が望ましい疾患です。

当院では、薬物療法と心理療法による治療を行っております。
上記のような症状でお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。

(必要な方には連携する近隣の内科医院で大腸カメラ等による検査も行っております。)

2.頭痛外来


当クリニックでは、疲れやストレスからくる頭痛の治療を行っております。
よく、「ストレスで頭痛がする」などと言われたりしますが、頭痛とストレスとは密接な関係があります。
慢性頭痛としてよく知られているものに下記の2つがあります。

・片頭痛
・緊張型頭痛

この両者とも、ストレスや疲れが関与しております。また、頭痛自体がストレスになることもよくあることです。 それを放置すると、悪循環が起こり、症状が増悪したり、他の身体症状や精神症状を伴ってくることも少なくありません。
片頭痛の方は、うつ病やパニック障害などを合併することが多いことも、報告されております。
お早めに、適切な治療をすることが重要です。
頭痛でお悩みの方はお気軽にご相談ください。



3.睡眠外来


当クリニックでは、「眠れない」、「目が覚めてしまう」、「朝起きてすっきりしない」など、睡眠でお悩みの方の睡眠外来もいたしております。
必要な方には、睡眠状態を測定する機器を用いての計測、お薬の処方やお薬以外の対処法をご提供いたします。
お気軽にご相談ください。



運動療法

※現在、機器等の都合で、新規の方の運動療法のお申込みはお受けいたしておりません。
大変申し訳ございませんが、ご了承ください。

なお、通常の診察のご予約はお受けしております。
ご希望の方は、お電話でご連絡ください。
ただし、病気の種類や病状等によっては、当院ではご予約をお受けできない場合がございますので、 ご了承ください。


精神科領域における本格的運動療法


うつ病に対する運動療法の治療および予防効果は、1980年代から数多くの研究報告があります。
また、運動に認知症の予防効果があることも近年多数報告されております。
米国などでは、うつ病患者に対して運動処方をするなどの運動療法を行っている病院もありますが、我が国における精神科領域では、 これまでは、本格的な運動療法を運動生理学にもとづいた科学的レベルで行うことは、なかなか行われずにきました。

当クリニックと連携するNPO法人JTRCでは、医学的に効果が実証されている心の領域に対する運動療法を、 一人一人に合わせた運動処方、運動指導を行う本格的なレベルで行っております。
また、メタボリック症候群、高血圧・糖尿病・脂質異常症などの生活習慣病、高齢者の筋力低下予防、 ストレス改善に対する運動の効果は、皆様もご存じの通り、とても有効な治療、および予防法です。




当クリニックでの運動療法とは


早歩きとゆっくり歩きを数分間ずつ交互にくりかえすだけの簡単で日常生活で無理なく行える運動方法、 「インターバル速歩」を中心に、 皆様が無理なく取り組んで、こころも体も元気になれるような下記の運動法をご用意しております。

・インターバル速歩

インターバル速歩とは


当クリニックでは、 NPO法人JTRCと連携し、 うつ病の運動法としてインターバル速歩を行っています。
インターバル速歩はトレーニングマシンなどの特別な設備がいらない、誰でもどこでも簡単にできて、長く続けられるウォーキング方法で、 その効果は様々な医学研究で証明されています。
「ゆっくり歩きの3分間」と「早歩きの3分間」を交互に繰り返す、有酸素運動と無酸素運動の長所を取り入れた簡単な運動法です。 「早歩き」の速さは、体力に合わせて個別に設定して、個人の目標で無理なく行うので、長期的に続けることができます。


 


◆インターバル速歩のうつ指標改善効果:CES−D(うつ自己評価尺度)の変化
うつ病にかかっている人は、糖尿病や高脂血症などの生活習慣病にかかる確率が高いことも
報告されています。こころの健康と同時に体の健康や体力を維持することがとても大切です。

インターバル速歩を1年間行うと、生活習慣病指標である、体重、体脂肪率、BMI、最高血圧、最低血圧、 血中コレステロール濃度、空腹時血糖値、HbA1Cのすべてが改善されます。

◆インターバル速歩の記録例
歩行の記録データをグラフなどにして、科学的に運動して頂きます。
熟大メイトという機械を使うと、どのくらいの強度で何分間歩いたのか、どのくらいのカロリーを消費したのか、正確な運動量・歩行速度などを記録でき、それをもとに運動指導いたします。
トレーニング施設に通わなくとも、トレーナーの助けが無くとも、いつでもどこでも一人でも理想的な運動ができます。

※熟大メイトを用いた「インターバル速歩」による精神疾患の治療、および予防をできる
心療内科、精神科医療機関は、関東近郊では、当院のみとなっております。



運動療法をご希望の方


まず医師の診察を受けていただくことになっています。
診察時に医師にご相談の上、お申し込みください。

運動療法は完全予約制です(自費 ・ NPO法人JTRCにて

インターバル速歩
・熟大メイト貸し出しによる運動療法 : 月額12,960円(税込)

薬以外の治療法として、運動療法などもご用意しております。 (詳細は、運動療法の項目をご覧ください。)
特に、「精神科領域の運動療法」は、抗うつ薬(SSRI,SNRIなど)の副作用が世間を賑わせている昨今、注目を集めてきている治療法です。
当院院長は、うつ病の運動療法の研究も行っています。一般の診療に加えて、お気軽にお問い合わせください。


青葉こころのクリニック (心療内科 ・ ペインクリニック内科 ・ 内科 ・ 精神科
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-3-22 アドニスアマノ2F TEL:03-5981-0556(17時まで)
Copyright (C) 2009- aoba-kokoro All Rights Reserved.