21時まで診療 − 当クリニックは、お仕事帰りにも寄れるクリニックです。

 

 


 
当クリニックでは過敏性腸症候群(IBS:irritable bowel syndrome)の診療をいたしております。

過敏性腸症候群(IBS)とは、器質的な異常がないにもかかわらず、下痢や便秘が慢性的に持続する機能性胃腸症の一つです。
社会的なストレスの増加とともにこの疾患も急増しており、サラリーマンの欠勤理由2位、国内人口の5%が罹患していると言われています。
良性疾患ではありますが、仕事や旅行、レジャー、食事などに制約が生じ、生活の質(QOL)を大きく低下させる原因となっております。

発症の原因は不明な点も多いですが、心理的ストレスを背景とした腸脳相関と消化管知覚の過敏が重視されおり、ストレスがIBSの増悪因子として最も重要であると言われています。
【代表的な症状】
腹痛・便通異常
1.排便によって軽快する腹痛
2.最初に腹痛を伴う軟便
3.最初に腹痛を伴う頻回の排便
4.残便感による排便回数の増加
5.便秘
6.粘液便
その他の自覚症状
1.腹部膨満感
2.腹部不快感
3.腹鳴
4.放屁(おなら)
5.食欲不振
6.悪心・嘔吐
7.胸焼け・げっぷ
精神・社会状況
1.常にお腹のことが気になる。
2.トイレのない場所へいけず、自宅に引きこもることになる。
3.試験・会議・長距離バスなどのストレスで症状が悪化。またそのような状況を避けるようになる。

など、多彩な症状が現れます。
また、うつ病、不安障害、パニック障害、不眠症などを合併することも多く、症状が強い方は、心療内科での治療が望ましい疾患です。

当院では、薬物療法と心理療法による治療を行っております。
上記のような症状でお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。

(必要な方には連携する近隣の内科医院で大腸カメラ等による検査も行っております。)




 
詳細につきましての掲載は、現在準備中です。
お急ぎの方は、クリニックまで
お電話(03−5981−0556)でお問い合わせください。



青葉こころのクリニック (心療内科 ・ ペインクリニック内科 ・ 内科 ・ 精神科
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-3-22 アドニスアマノ2F TEL:03-5981-0556
Copyright (C) 2009-2017 aoba-kokoro All Rights Reserved